シンボルマークに込められたもの

 

わたしたちを苦しめているものは、過去に身につけた思考や行動。あなたにふさわしい思考や行動は時間の経過や状況によって違います。もしもあなたがいま苦しんでいるのならなにか手放すものがあるのでしょう。

赤いリボンにくるまれた箱の中にはあなたの体から取り出した過去のあなたを助けてくれた思考や行動が入っています。その箱を黄色い風船とツバメが空の彼方へ運んで行きます。あなたはその様子を箱の中身に感謝をしながら見送っています。そして空いた空間には今のあなたにふさわしい思考や行動が入ってきます。この私が持つカウンセリングのイメージをシンボルマークに込めました。

 


 

 

ゆとりんの名前の由来

ゆとり・ゆとり・ゆとり・ゆとりん。

ゆとりんはゆとりを大切にしています。

 こころにも時間にもお金にもゆとりがあること。

 それが豊かさだと思っています。

 そしてその豊かさをカウンセリングは提供できる。

 そう信じています。

 ゆとり・ゆとり・ゆとり・ゆとりん。

 ゆとりんの名前の由来でした。

 

カウンセリングとは

 

カウンセリングで主導権を握るのはあなたです。

答えはすべてあなたの中にあります。

カウンセラーの中にはありません。

カウンセラーがアドバイスしてくれるという先入観は取り払ってください。

カウンセリング中にやっていることは、あなたと同じ目線、思い、価値観であなたの世界に存在し、この世界のままでいいのか、ルールを変えた方がいいのか、よりよい世界を作るにはどうすればよいのか、そんなあなたの思いを共に考えあなたのルールに沿って形にしていくお手伝いです。

信じられないかもしれませんが、私たちはひとりひとり違う世界に住んでいます。

「ひとの数だけ国がある」そう考えるとわかりやすいかもしれません。

違う国ですから、環境、文化、考え方すべてが違います。

日本では「首を縦に振る」ことは「イエス」のサインですが「アルバニア」「スリランカ」では「ノー」のサインです。

好きな人をデートに誘ったら、相手はうなずいた。約束の日に相手は来なかった。

たいていの日本人はデートをすっぽかされたと思いますよね。

でも、あなたが「アルバニア人」だったらどうでしょう?

「日本」と「アルバニア」のように「私」と「あなた」は違うのです。

あなたの世界にはあなただけのルールがあります。

あなたの世界だけの文化、考え方があります。

その世界を知っているのはあなただけ。

ほかのだれでもありません。

そして、その世界を作っているのもあなた自身なのです。

ですから、その世界を変えることができるのはあなただけ。

あなただけです。カウンセラーにもできません。

カウンセラーにできるのは、あなたと共にあなたの世界に存在すること。

あなたが、あなたの世界の歴史を探求したり、これからの未来に思いをはせるときただそばにいる存在としての役割。それがカウンセラーといってもいいかもしれません。

 

ゆとりんでできること

心理カウンセリング

・孤独・疎外感からの解放

・家族関係・人間関係のストレスの軽減

・疲れた時の居場所の提供
・愛がわからないときのサポート

 

 

カウンセリングメニュー

ご相談事例   

  お客様の声

  ご予約/お問合せ 

  ブログ 

 

 


      

カウンセリングの ゆとりん

Facebookページも宣伝